プロモーションはT株式会社
T株式会社
10:00〜19:00(定休日:火)

CEOが勧める悩まない生き方

頭を抱える女性

こんにちは
T株式会社CEOの照沼です。

今回のテーマは「悩み」です。
実は、元々僕はよく悩む性質でした。
しかし、ある時から悩まなくなりました。
別に、怪しい宗教を始めたりしたわけではないですよ笑




そのある時ってのは、具体的にいつなのか覚えていないのですが、
おそらく前に勤めていた商社を辞めて個人事業を始めたあたりかと思います。

月4万円しか収入のなかった暗黒時代

僕は勢いで物事を進めるタイプなので、実は起業も勢いでやりました。
元々小さな頃から将来は社長になるつもりで、とりあえず起業するかって感じでした。

当時はまだ会社に勤めていたのですが、個人事業の開業届けを出すためにはお役所に行かなければならず、お役所は平日しかやっていなかったんですね。
仕方ないので、有給もらって開業届けを出しました。
業種も決まってなかったので、とりあえず「教育、インターネット」で起業しました。屋号(会社名みたいなやつ)も空白だった気がします。
その時は、「よっしゃ、これで社長だ!」と一人微笑んでいました

んで、勢いで始めた個人事業だったのですが、最初の頃は月4万円の収入しかありませんでした。
もちろん、起業してからすぐに会社も辞めていました笑
しかも、4万円の収入に対して借りた事務所は家賃10万円笑
今思えば事務所はいらなかったかもしれませんが、形から入るタイプなんですよね笑

月4万円しか収入ないけど、家賃も10万円払わないと行けないし、彼女とデートも行きたいし、、、
だけど、お金がないっていう状態でした。
そうなると、もうすることは決まっちゃうじゃないですか?

スリに強盗、そして身代金目当ての誘拐ですよ!

なんてのは、もちろん冗談で笑、
貯金を切り崩したり、人にご飯をご馳走してもらったり、デートは基本歩いて行ったり・・・
代々木からお台場まで歩いて行ったりしてました。レインボーブリッジを歩けるのはその時知りました笑

レインボーブリッジの入り口に男子

まあ、そんな感じの生活でした。
多分、結構辛い生活だったのですが、自然と将来の悩みがなかったんですよね。
だって、今日の夜ご飯の心配をしていましたから。

悩まないコツは、その日暮らし!

そんな生活をしていて気がつきました。
悩まない方法は、その日暮らしだと笑

冗談のようで、これは結構真面目な話です。
なぜかというと、多くの人の悩みって、基本的に将来の悩みじゃないですか?
まだ起こってもいないのに、リストラになったらどうしようとか、年金もらえるかなとか。

でも、その日暮らしだと、そんな先のことなんて考えません。
今食べるものの心配や、今何をすればお金が入るかなど、
基本的に「今」という時間で生きています。
しかも必死なので、悩むのではなく、「考える」
解決策を必死に考えるんですね。

だからね、悩みのある人はその日暮らしをすればいいと思う。
「将来」のための貯金なんて辞めて、「今」を生きてみよう笑

貯金と言えば、実は僕も昔から貯金が大好きでした。
幼稚園の頃から貯金箱にたくさん貯金してきたし、会社で働いてた時も毎月給料の半分を貯金してました。

でもね、貯金してた頃って悩みが尽きなかった。
なぜなら、思考が「未来」だから。

ちょっと話が変わるかもしれないけど、
もし今大きな地震が来て、家も会社も潰れたらどうします?
貯金額の心配します?
多分貯金の心配より、自分の命や家族の命、そして水や食べ物の心配するかと思います。

そう考えると、
どんなに貯金したって、大きな地震で死んじゃったら意味なくないですか?

さて、貯金と地震の話をしちゃいましたが、
僕が言いたかったのは、こういうこと。

未来のことなんてわからない。
だから、「今」のことを考えよう。
そうすれば自然と心配も消えるよ!!

最近読んだのですが、カーネギーさんという方が書いた『道は開ける』という本があります。

この本も悩みについての内容を書いていて、この本から僕も改めて「その日暮らし」の大切さを学びました。
以下、引用です。

ホワイト・クィーン(ルイス・キャロル著『鏡の国のアリス』に登場する白の女王様)が言ったことをあなたは覚えているだろう。
「明日になったらジャムがあるとか、昨日だったらジャムがあったのにと言っても、それは今日のジャムでは絶対ないのだ。」
私たちのほとんどはそうなのだ ーーー 昨日のジャムをあれこれ考えたり、明日のジャムについて悩んだりしている ーーー 今日のジャムを今、パンに厚く塗る代わりに。

結局、「今」を考える人が少ないんですよね。

「今」を真剣に生きていれば、悩みなんて基本的には消えますよー。
みんなが楽しい毎日を送れるといいな。

ということで、今回紹介させて頂いたカーネギーさんの『道は開ける』は↓から見ることができます。

ご参考になりましたら幸いです。

お読みくださり、ありがとうございます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*画像認証です